新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ


ガンダム 雑記

ガンプラ初心者がHG リーオー を素組、墨入れしてみた。【最低限必要な物もご紹介】

投稿日:

Pocket

ども、こんにちは黒いひよこです。

 

突然ですけど、僕ガンダム好きなんですよね。

始めてスパロボαでウイングガンダムに惚れ、アニメをみはじめ、もう15年ぐらいガノタ(ガンダムヲタク)やってます。

 

そんな僕ですが、いままで一度もガンプラを作ったことが無かったんですよね。

ガンダム好きなのに、まともにガンプラ作ったことが無い!

 

それじゃガノタは名乗れない!というわけで、始めました。ガンプラ

 

ちなみ作ったのはガンダムWより人型TVの「HGAC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 新機動戦記ガンダムW リーオー  1/144スケール」

ガンプラ作ろうとAmazon見ながら、なんとなく決定。

 

今回は一番手ごろな「HG(ハイグレード)」を選択。

基礎の基礎である「素組」と「墨入れ」を行いました。

※素組・・・ガンプラを、塗装やつや消しなどを行わずにそのまんま組み立てる事

※墨入れ・・・パーツのふちに 塗料を入れプラモに影をつけること

ガンプラ初心者にはやっぱりHGだということで・・・

ガンプラにはいくつかのシリーズがあります。

各シリーズのわかりやすい違いは「大きさ」と「クオリティ」、「値段」、「パーツ数(作成難易度)」です。

大別すると

HG(ハイグレード)、RG(リアルグレード)、MG(マスターグレード)、PG(パーフェクトグレード)の4つで

「大きさ」は

HGとRGが1/144スケール(初代ガンダムが約18mなので、大体12~13㎝)

MGが1/100スケール(初代ガンダムだと18㎝)

PGが1/60スケール(初代ガンダムだと30㎝、でかい!)

 

「クオリティ」、「値段」、「パーツ数(作成難易度)」は

HG<RG<MG<PG

だと考えれば基本的にはOKです。

 

今回作ったのはHGですが、安い、作りやすいという事で初心者向けのシリーズだといえますね。

ガンプラ初作成のため買いそろえたもの

以下、全てAmazonにて購入。

ちなみに作成は「電撃ホビーマガジン」の「素組みでガンプラ! ~組み立ての基本から簡易塗装まで! おすすめプラモデルをきれいに作るコツ~」を参考にしました。

HGAC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 新機動戦記ガンダムW リーオー 1/144スケール 色分け済みプラモデル

量産機だけあって(関係ない?)安い!、製造も簡単!でした。

内容物はランナー×3に説明書

説明書も非常にわかりやすい

GSIクレオス ガンダムマーカー AMS122 流し込みスミ入れペンセット

画像左下、今回墨入れに使用

タミヤ クラフトツールシリーズ No.93 モデラーズニッパー アルファ74093

ランナーからパーツを切り取るのに使用。

タミヤ クラフトツールシリーズ No.104 ベーシックヤスリセット (細目 ダブルカット) 74104

切り取ったパーツの後を処理するのに使いました。

が、どうやらやすりのかけ方は

パーツ切り取り→金属ヤスリでゲート跡を周辺を平らに→紙ヤスリでゲート後と周りをならす

です。

なおので、ヤスリがけを行い、ゲート処理を行うのであれば、紙やすりも合わせて買う必要があります


JomMart 耐水ペーパー 8種類 セット 各1枚 (#320 #400 #600 #800 #1000 #1200 #1500 #2000) TL0211

切り取った直後のパーツ、ランナーとくっついていた跡がどうしても残ってしまいます。

金属ヤスリで、それとなく平らに、この後、紙やすりで周りとならしていきます。

ちなみに合わせて買った「グラハム専用、ユニオンフラッグカスタム」

こちらはパーツがほぼ黒一色でしたので、いつか塗装に挑戦する時に組み立てようかなぁと、保留。

実際に素組してみた!

まずは普通に組み立ててみました。

掛かった時間は約90分。

もともと、派手に色分けされている機体ではないので、素組で既に完成度が高く感じました。

付属武装はサーベル2本にシールドと105mmライフル

手に取ってみると、そこまで気にならないかなー?って思ったゲート後も、写真にとるとかなり目立ちますね・・・、次回はきちんとゲート処理を行いたい。

完成品の「ロボット魂」シリーズ等と比べると恐ろしく軽いです。

可動範囲はとても広く、ガシガシ遊べます。

 

ちなみに首という概念が無いため、顔は動きません。

斜めアングルで顔だけカメラ目線、とかは出来なく、少しかっこつけにくかったり

墨入れを行ってみた

次にプラモデルの線(溝部分)に水性塗料を流し込む「墨入れ」を行いました。

どうでしょう?

 

なんかかっこよくなった気がします。

 

 

なんかすげー雑!

 

特に腰の部分とか、インク漏れてるやん!

写真とると、拡大されるのでなんかすごい目立つ・・・

太ももとかは結構いい感じなんですがねー

 

インクは水性なので、綿棒などでこすったり、専用の消しペンを使えばすぐに落ちます。

後で直しておこう・・・

家にあったWガンダム(ロボット魂)とパシャリ

思いのほか、楽しいぞ、ガンプラぁ!

※脚部裏関節、向きをつけ間違えてます・・・

 

なんとなく思い付きで購入したガンプラでしたが、思いの他作っていて楽しかったです!

 

いつかオリジナルのカラーで、自分専用機とか作ってみたいですね・・・

とはいえ、まだ先の話。

 

ひとまずまったりいくつか作って基礎を磨いていこうと思います!

 

次は何作ろうかなぁ、やっぱザクですかね?

 


HGAC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 新機動戦記ガンダムW リーオー 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 RX-78-2/RX-77-2/RX-75 ガンダムV作戦セット [ガンダム/ガンキャノン/ガンタンク] (機動戦士ガンダム)

Pocket

広告


広告



-ガンダム, 雑記

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.