新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ

会社・仕事 生活

【残業規制が厳しく?】2019年4月から時間外労働の上限が規制されるけど、何が変わるの?

投稿日:

Pocket

どもこんにちは黒いひよこです。

今回は残業の話!

2019年4月から「働き方改革」の一環として労働基準法が改正され、時間外労働の規制が厳しくなりますが

具体的にはどう変わるのか、調べてみました。

 

ちなみに時間外労働時間に規制が変更されるのは60年とか70年ぶりらしいです。

まーたおじちゃんとかに、今の若いもんはとか言われそう

 

※本ページは厚生労働省等を参考に作成いたしました。

そもそも「法廷労働時間」とは?

今回規制の厳しくなった「時間外労働時間」

そこに触れる前に、まずは「労働時間」とは何ぞやということで・・・

 

労基法(労働基準法)では「法定労働時間」というものが以下のように決まっています。

労基法による、法定労働時間の原則

1日あたり  8時間

一週間あたり 40時間

法定休日(一週間) 最低1日

 

これを超えた時間が「時間外労働」にカウントされるわけです

 

※就業規則上の勤務時間が8時間未満の会社でも、8時間を超えた時間が時間外労働時間にカウントされます。

※週休2日の会社が、仮に1週間、1日8時間で働かせた場合は

月~金の8×5=40時間は法定労働時間

土曜の8時間は時間外労働時間

日曜日の8時間が休日労働となるようです。

今までの時間外労働時間の限度は?

会社が法定労働時間を超えて、従業員に働かせる場合には

会社と従業員の間でいわゆる「36協定」(=労使協定)をかわし、お国に届け出を出さなければなりません。

その内容がこちら

時間外労働の限度

1ヵ月あたり  45時間以内

1年あたり   360時間以内

 

この時間外労働を超えて働かせる場合には、更に「特別条項付きの36協定」というものを結ばなければいけません。

 

「特別条項付きの36協定」を結んだ場合の残業規制時間

 

無制限(ひぇ

 

となっていました。こわ

で、何が変わるの?

変更点は以下の通り

 

・36協定の限度を超えた場合(1ヵ月45時間以内、1年で360時間)

 罰則が科されることとなった。

 

・いままで無制限に残業させ放題だった、「特別条件付き36協定」に制限がつきました。具体的には・・・

時間外労働時間が45時間を超えるのは、1年あたり6回までに抑えなければならない。また

時間外労働の合計が1年あたり720時間以内に抑えなければならない。

時間外労働時間と休日労働時間の合計が100時間を超える月があってはならず

時間外労働時間と休日労働時間の、2~6カ月あたりの平均をとって80時間を超えていたらダメ

これらを超過したら法律違反になります!

計算してみるとわかりますが、この条件を超えてしまう方は結構いらっしゃるかもしれませんね・・・

毎日2時間ちょっと残業していたら超えちゃいそう

 

すべての会社に適用されるの?

労基法の改正は2019年4月からですが、すべての会社が一斉スタート!・・・というわけではないようです。

 

いわゆる大企業に分類される会社は2019年4月から

中小企業は2020年4月から

 

また、お医者さんや運転業務の方等は改正適用までに5年の猶予があるようです。

 

最後に

労基法の改正を受けて、また「ブラック企業が~・・・」とか「役員を訴えて・・・」

なんてニュースが増えそうですね。

 

また、いまお仕事多変な方は一度、ご自分の労働時間が労基法や36協定に違反していないか、今一度確認してみるといいかもしれませんね・・・

 

働くって大変ぞ・・・

 

ということで終わり!

 

ご回覧、ありがとうございましたー。

Pocket

広告


検索

広告


検索


-会社・仕事, 生活

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.