新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ

生活 超チラ裏記事 雑記

最近流行りのお一人キャンプ、道具をそろえるのにかかる費用をざっくり調べてみた。

投稿日:

Pocket

どもこんにちは黒いひよこです。

 

趣味がインドアに極振りな私ですが、日々アクティブな趣味を始めたいなぁと思っては悶々とする日々。

 

そんな中、ちょっと気になったのが「(お一人)キャンプ」

最近Twitterでレポ風漫画をよく見かけますが、どうやらアニメ「ゆるキャン」効果みたいですね

なんとなくまんがタイムきらら系かなとか思っていたら、どんぴしゃり

 

というわけで今回はキャンプ用品をAmazonにてそろえるとしたら、どのくらいの費用がかかるのか調べてみました。

キャンプ用品

テント

キャンプと言ったらテント、テントと言ったらキャンプ。

お値段はピンキリでしたが、5,000円~10,000円位でそろえられるみたいです。

 

とにかく種類が多く、かつ色が豊富でびっくりしました。

なんかこう、秘密基地感があってよい

お一人キャンプならこのサイズで十分そう。お値段も5,000円程

秘密基地感がやばい。

 

キャンプ場によっては借りられるようですが、キャンプを張るために必要な「ペグ」と「トンカチ」も

タープ

聞きなれない言葉で、タープとは何ぞや?という方も多いのではないのでしょうか?(え?そんなことないって?)

 

日よけ、雨よけのための屋根のようなもので、キャンプ地でのくつろぎスペースには必要なものの様です。

 

この下に椅子やテーブル置いたり、カセットコンロ置いたりすんのか・・・!

 

グランドシート

ビニールシートのすごい版みたいな感じで

テントの下に引き、テントの損傷、汚れ、雨の侵入を防ぐための物です。

こちらもカラバリ豊富。

テントマット・枕・寝袋

次は「テントマット」「枕」「寝袋」の三点。

つまりはキャンプにおける寝具

上記の商品は、いずれもAmazonにて一押しの商品。

テーブルとイス

今回はお一人様を想定して最低限度の物を選択。合わせて4,000円程

光源・ランタン

はえー、今はこんなものあるんですねー、おったまげ

 

充電式のLEDライトで、つけっぱなしで40時間近く持ちます。

おまけにスマートフォンなどUSB端子による充電も可能とか。

焚火台・ケトル等、調理用品。

お肉焼いたり、お湯沸かしてインスタントコーヒー、カップラーメンとか憧れる

加えて網、燃料が必要に

ごみは出ちゃうけど割りばしとかのほうが使いやすそう。

でも、せっかくキャンプするならこういうキャンプっぽいものをどうせなら使いたい。

それが男の子心よ

 

その他小物

ヘッドライトと刀身が黒いナイフ!

キャンプというか、洋ゲーとかでよく見かける(?)やつや!

夜の移動や、調理時に必要ですね

まな板

 

他には、軍手、ごみ袋、ウェットティッシュ、食べ物・・・あたりですかね

総額は・・・?

本ページにて紹介した全18点でおよそ50,000円

 

次のボーナス候補よな・・・

 

以上!

※筆者はソロキャンプ経験無しなのでご参考に!

Pocket

検索

検索

-生活, 超チラ裏記事, 雑記

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.