新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ

アニメ・漫画・ゲーム

【Oculus Rift、HTC Vive】様々なVR機器、どれを買えばいいの?【PSVR】

投稿日:

Pocket

ども、こんにちは、黒いひよこです。

皆さんはVR体験しましたか?

代表格の1つである「PSVR」の供給も落ち着いてきましたし、

ゲームや映像の中に入ったような体験ができる「VR(virtual reality)」

是非一度は試してほしい!

 

というわけで、今回は様々なVR機器についてまとめました!

お手軽VR、スマホVR

 

発売当初は高かったスマホVRも今では3000円前後で購入できます。

使い方は簡単、スマートフォンをハメてゴーグルをつけるだけ

 

この先に紹介するVRとの大きな違いは、位置情報を検出するかどうかですね(ポジショントラッキングがスマホVRには無い)

空間の中で動けるか動けないかの違いがあります。

 

また、私がEchoAMZ 3D VRゴーグルを使用し、感じた感想は

・どうも、他の機器に比べると遠くに感じ、臨場感が薄い

・画面酔いをほとんどしなかった。

私は先に「Oculus Rift」、「HTC Vive」、「PlayStation VR」といった機器を体験していたので感動はありませんでしたが

どんなものかな?っと思っている方は、買ってみる価値はあります。

 

ただ、肝心のコンテンツが不足していますので、本当に体験用!って感じ

とにかくコスパがいい「PSVR」

私が所有しているのもこちら「PSVR」

 

Amazonで購入するならこちらがおすすめ

特に理由が無ければ最新モデル(CUH-ZVR2)を買いましょう。

家電量販店やゲームショップで買う場合も、旧型ではないか確認するようにしてください。

(型番を確認するか、装着して耳のまわりに来る部分に三角のマークがあるものが新型です。)

PSVRは他のPC用VRに比べてコストパフォーマンスが高く、わかりづらい設定もありません。

PS4orPS4proとPSVRがあればすぐプレイできます!

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)

高スペックなハイエンドゲーミングPCが無ければ、PSVRで決まりでしょう。

また、VR未対応のゲームも大画面化して、映画館の様に映画を見ることや、ゲームをプレイすることも可能です。

PC用VRの「Oculus Rift」と「HTC Vive」

ここではパソコン用VRを紹介。

どちらも高スペックなゲーミングPCを要求することもあって

0からそろえようとすると15万円以上は必要になってきます。

Oculus Rift(オキュラス・リフト)

フェイスブックの子会社(?)であるOculus社から出ているVRヘッドセット

VRブームの火付け役の会社です。

本体価格は約5万円ですが、先述の通り高スペックなゲーミングパソコンが必要となります。

以下、Oculus Rift 推奨スペック

グラフィックカード NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
代替可能なグラフィックカード NVIDIA GTX 970 /AMD Radeon R9 290以上
COU Intel i5-4590/ AMD Ryzen 5 1500X以上
メモリ 8GB以上のRAM
ビデオ出力  HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポート  USB3.0ポート×3、USBポート2.0×1
 OS Windows 7 SPI 64ビット以降

 

自分で今のパソコンを強化して環境を整える・・・

といった芸当が出来る方なら問題はないでしょうが、そうでないなら、専門ショップや通販で専用セットを購入するのが無難です。

肝心のコンテンツですが、Oculus Riftでは主に

Oculus Store、SteamVRの、二つのプラットフォームを介してゲームを購入することになります。

Oculus Storeはその名の通りOculusのプラットフォーム

SteamVRはHTC Viveを推奨、提携していますが、Oculus Riftも一部コンテンツに対応

VRコンテンツ最大数を誇るのは、やはり「SteamVR」

「SteamVR」上の現在のVR機器シェアは「Oculus Rift」、「HTC Vive」ともにほぼ横並びなようで、金銭的な理由や部屋のスペース(後述します)を考慮して選ぶことになると思います。

HTC Vive

ゲーム配信サイト「Steam」を運営するValveと、HTCが提携して作られたの「HTC Vive(エイチティーシー・ヴァイヴ)」。

「HTC Vive」の最大の特徴はVR空間を自由に動き回れる事。(もちろん広い部屋が要求されますが)

それを可能としているのが「ベースステーション」と呼ばれるセンサーで

対角線5mの範囲で自由に寝転んだり歩いたりできる、部屋いっぱい使った、VR体験が出来ます。

商業利用も推奨しており、私もあるイベントにて体験しました。正直没入感は随一だと思いました。

欲しいけど、広さも金もない・・・、ぐぬぬ・・・、部屋も汚いし

値段は64500円とVINEproと呼ばれる高スペック版が94000円。

パソコンからそろえようとすると20万近く掛かります。

推奨スペックは下記の通り

グラフィックカード NVIDIA® GeForce® GTX 970、AMD Radeon™ R9 290 の同等品
CPU Intel® Core™ i5-4590/AMD FX™ 8350 の同等品以上
メモリ 4 GB 以上
ビデオ出力 HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USBポート 1x USB 2.0 以上
 OS Windows® 7 SP1、Windows® 8.1 以降、Windows® 10

男なら!むふふなサイトは・・・?

もし、見てくださっている方が男性なら、むふふなVRコンテンツも気になりますよね

むふふなビデオなら、DMMのプレイヤーや海外サイトのプレイヤーを利用して、スマホVRはもちろん「Oculus Rift」、「HTC Vive」、「PlayStation VR」全てで視聴可能です。

ゲームとなるとやはりPC用VRの「Oculus Rift」、「HTC Vive」が必要となってきます。

最後に

まだ、一度もVR体験をしたことが無い!って方は

まずはスマホVRを試し

PS4を持っているならPSVR

金に糸目はかけねぇ!コアな海外ゲーム、インディーズゲームもやりたい!、PC環境が整っている!って方は「Oculus Rift」、「HTC Vive」のどちらかですね。

 

正直スマホVRとその他VRでは臨場感が雲泥の差なので、ぜひとも本格VR機器を体験してほしいです。

 

自分で買う前にどんなものか試してみたい!って方は、コーエーテクモの

VRセンスVR ZONE SHINJUKU等に足を運ぶのもおすすめ!

PSVRってどうなったの?個人的期待タイトル、既存タイトル

Pocket

検索

検索

-アニメ・漫画・ゲーム

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.