新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ

アニメ・漫画・ゲーム

【FF】FINALFANTASYシリーズを語る【おすすめ実況】

更新日:

Pocket

ども、こんにちは、黒いひよこです。

今回は、国民的RPGの一つである「FINALFANTASY」を紹介します!

ちなみに、今回紹介している9作品の中で、1作品のみ未プレイ作品があります(ごめんなさい、他はエンディングまでプレイ済)

本記事の最後に記載しますので、あ、こいつこれ、にわか知識で書いてるなって思ってください・・・(すみません)

個人的、FFシリーズの魅力

私が思うFINALFANTASYシリーズの魅力は

・常に変化を取り入れる姿勢

・1作目から見える、演出への力の入れ具合

・新時代の幕開けを感じさせるような映像美(特にFF7以降、それゆえムービーゲーと揶揄されることもありますが・・・)

・様々な登場人物による重厚なストーリー(一部例外、というより作品によって個人差あり)

の4つだと思っています。

FINALFANTASY

このせかいは あんこくにつつまれている
かぜはやみ うみはあれ
だいちはくさっていく
しかし ひとびとは1つのよげんをしんじ
それをまっていた
このよ あんこくにそまりしとき
4にんのひかりのせんし あらわれん
ながいぼうけんのすえ
4にんのわかものがこのちにたどりついた
そしてそのてには
それぞれクリスタルがにぎられていた

(説明書より)

FINALFANTASYシリーズ第1作目。1987年に発売。

今や大手ゲームメーカーであるスクウェア・エニックス(当時はスクウェア)もこの作品を発表するまでは、思うようにいかず、売れなかったらゲーム業界から撤退する!という気合の元命名された・・・、という話は有名。

PS,ガラケー、アーカイブス、スマホアプリ版と今まで何度もリメイク(or)移植がされてきたタイトル。

4にんのひかりのせんし(ウォーリア オブ ライト)が、光を失ったクリスタルに再び光をともし、せかいを脅かすカオスを退治するという、王道ストーリー。

過去、PSPにて発売された、DISSIDIA FINAL FANTASY(2008年発売)は今作の前日談にあたる。

ちなみに私はガラケー版をプレイ。序盤からよく死んでいた気がします。

 

FF1のおすすめ実況はこちら

鬼塚電十郎さんのプレイ動画になります。

かつて、「畑畑畑畑畑畑畑畑畑畑畑クラフト」という動画で伸びた、実況者さんです。

予備知識なしだと多くの方が陥る、バランスパーティーでのプレイです笑

FINALFANTASYⅡ

遥か彼方の世界において・・・・長く続いていた平和が今終わりを告げた
パラメキア帝国の皇帝は魔界から魔物を
呼び出し世界征服に乗り出したのである

これに対し反乱軍はフィン王国で
立ち上がったが帝国の総攻撃に遭い
城を奪われ辺境の町アルテアへと
撤退を余儀なくされた

ここフィン王国に住む4人の若者たちも
敵の攻撃によって両親を失い
執拗な敵の追っ手から逃げ続けていた・・・・

(説明書より)

FFⅡの特筆すべき特徴は成長システム

レベルの概念が無く、戦闘時の行動によって各種パラメーターが成長します。(例、HPダメージを受ける→最大HPが成長)

また、隠しパラメータの存在、戦闘中のアイテム制限(こちらはFC版のみ)等、戦闘に関しては、成長を間違えるとシビアな難易度になることも

 

メインパーティーキャラの3人(フリオニール、マリア、ガイ)+期間限定のゲストキャラ(ミンウやゴードン)による4人のパーティ編成。

容量の問題か、あまりしゃべらなかったりするけど、印象深いキャラが多い、そしてよく死ぬ

こちらもガラケー版をプレイ

 

FF2のおすすめ実況動画はこちら

FF1と同じく、鬼塚電十郎さんのプレイ動画になります。

FINALFANTASYⅢ

そのグルガン族の男は 静かに語った・・・・
この大地震さえも 単なる予兆に過ぎぬと。
世界の 光の源である クリスタルを
地中深く引きずりこみ 魔物を生み出した
大きな震えさえも これから訪れるものに
比べれば ちっぽけなものである。
それはとてつもなく 大きく 深く 暗く
そして悲しい・・
だが 希望はまだ 失われてはいない。
4つの魂が 光に 啓示を受けるであろう。
そこから すべてがはじまり・・・・

4人の 少年たちは みなしごで
辺境の村ウルの 僧侶トパパに 育てられた。
大地震で クリスタルが地中に沈み
そこにできた 洞窟へとやってきた。
4人は 探検気分。
ちょっとした 度胸試しのつもりだった・・・・

説明書より

シリーズ三作目、初出はFCで、FC最後の作品。

ストーリーは4人の光の戦士たちがクリスタルをめぐる、1作目を彷彿とさせるもの。

FF3といえば、長い上にセーブポイントの無いラストダンジョン。

後にDSでリメイク版(さらに後にPSP版)が発売されましたが、変わらずの長さにセーブポイント無し、こちらは中断セーブ(ロードすると消えてしまう一時セーブ)があるだけましか

全滅するとものすごい絶望感に襲われる事間違いありません。

リメイク版では、1のように無個性だった主人公達にキャラ付けがなされています。

OPムービーがほんとに素晴らしいので一見の価値あり!

DS版をプレイした私としては、ディシディアにはルーネスが参戦してほしかった所。

 

FINALFANTASYⅣ

暗黒騎士セシルは、その座をはく奪されバロン国、飛空艇団「赤い翼」のぶたいちょうであった暗黒騎士部隊長カインとともに辺境の村ミストをめざし

きり深くたちこめる谷へとバロン城をあとにした・・・、人々の夢であった天翔ける船、飛空艇…

だがその飛空艇の機動力は夢の実現ばかりか欲望を満たす手段にまでなりえた。

飛空艇団「赤い翼」により最強の軍事国家となったバロン国。

何故その強大な力を持つバロンがクリスタルを求めたのか・・・

そしてなぜあまたの魔物が白日のもとにその姿を現し始めたのか・・・

クリスタルは静かに、その光をたたえていた・・・

引用:任天堂ホームページ

FFといえばATBシステム!という方も多いのではないでしょうか?

この作品はそんなATBが初めて導入された作品です。

 

オリジナルであるSFC、リメイクであるDS版の両方が非常にやりごたえのある難易度

常にパーティーメンバーであるセシルをどう使うかがカギとなるかも(ひきつけるとカウンターは外せません)

 

ストーリーはバロン国の暴走からやがて、異星との争いにまで拡大する・・・といった感じ。

今までの作品は、つよくキャラクター付けがされておらず、悪い言い方をすれば没個性的でした。

しかし、FF4(から)はシナリオ上でも、戦闘面でも明確にキャラ付けがなされており、よりストーリーがより深く、

戦闘が戦略的になっております。(自由度は低くなったといえますが)

パーティー間での恋愛が本格的に描かれるようになったのもこの作品から。

 

おすすめ実況はおやつさんの「ひたすら楽してFF4」シリーズ

プレイ条件
1.最少勝利回数でクリア
2.盗みは一切しない
3.道中のアイテムは回収しない
(店での購入、イベントアイテムはOK)
4.編集は頑張らない
※申し訳ないがバグ利用はNG

究極の縛りプレイ動画になります。

シナリオを堪能したいって方には向かないかもしれませんが、一見の価値ありです。

おやつさんは、他のスクウェア作品のやりこみ動画を多数上げておりますので、気になる方はぜひ

FINALFANTASYⅤ

風・水・火・土。この世に繁栄をもたらす
4つのクリスタルに限界の時が迫っていた。風は止み、水は涸れ、
そして世界は揺れ始める。しかし、人々はまだ知らない。
クリスタルに込められた真の意味、重大な秘密を…。

引用:プレイステーション

「無」を手に入れて、世界支配をもくろむエクスデスを阻止する物語。

豊富なジョブの種類、攻略甲斐があり、魅力的なボスキャラ達と戦闘が非常に楽しい作品。

FC、SFC作品の中では、FF6と並んでリメイクのなされていない作品。

移植ハードは他作品と同様豊富、いまプレイするならば、IOS版になるかと

ラスボスより強いボスの元祖、オメガが初出した作品だったりします。

 

FINALFANTASYⅥ

魔大戦
全てを焼き尽くした、その戦いが
終わった時、世界から
「魔法」という力が消え去った
そして1000年……
鉄、火薬、蒸気機関
人々は機械の力を使い、
世界を蘇らせた
今またここに、伝説となった
「魔法」の力を復活させ
その強大な武力によって
世界を支配しようとする者がいる…
人はまた
その過ちを
繰り返そうとしているのか…

引用:任天堂ホームページ

SFC最後のFINALFANTASY、実はN64でも開発されていたとかいないとか・・・

いままでのシリーズで大小はあれど、ストーリーにかかわってきたクリスタルが登場しません。

世界観も王道ファンタジーではなく、スチームパンクな世界観(後の7、8はさらに近未来風に)

パーティーキャラ14人が織り成す壮絶な群像劇、複数パーティーをいかしたダンジョンも

BGMはオーケストラチックなものが多くラスボス戦闘曲、妖星乱舞は有名、

2Dながらも、作りこまれたドット絵、まさにSFCを限界まで生かした作品。

特に人気の高い作品の一つでありながら、リメイクは無し、今やるなら、アドバンス版やVC、アーカイブスを

 

おすすめ実況動画はふひきーさん(現、稲葉百万鉄さん)の「【FF5】ファファファーファファイファンファイブ【協力実況】

SFCシリーズのFFシリーズは、キャラクター別にコントローラーを割り振った協力プレイが可能です。

そんな謎機能をいかした、二人実況になります。

入手アイテムをじゃんけんで取り合う姿は笑います。

 

FINALFANTASYⅦ

PS1の1作目、おそらく、FINALFANTASYシリーズでもっとも人気のある作品。

この作品があったから、N64は負け(それだけじゃないけど)、セガサターンは死んだ(セガなんてだっせーよなぁ!)

ストーリーは

星の命ともいえる「魔晄」を食い物にして成長する神羅カンパニー。

神羅に反抗する組織、「アバランチ」にやとわれた、元神羅カンパニー特殊部隊のソルジャー、クラウドは星をめぐる戦いに身を投じる。というもの

私の初めてのFFがこの作品で、もはや思い出補正がかかりまくり、BGMやSEを聞くと今でもわくわくする…そんな作品。

戦闘システムは引き続きATBシステム。キャラクターの育成はふつうのレベリングだが、マテリアというアイテムを武器や防具に装着してカスタマイズを行う。

その人気の高さからか、スピンオフ作品も多く

・ビフォア クライシス‐FF7 (BCFF7)ガラケーアプリ

・FF7アドベントチルドレン(FF7AC)フルCG映像作品

・ラストオーダーFF7 アニメ作品

・ダージュ オブ ケルべロス FF7 (DCFF7)PS2ゲーム

・ダージュ オブ ケルべロス ロストエピソード‐FF7 ガラケーアプリ

・クライシス コア‐FF7(CCFF7) PSPゲーム、泣ける

と豊富。

 

リメイクする時は、スクウェアがやばいとき、なんて言われていましたが、すでにフルリメイク作品が発表!

されたはいいけど、いつになることやら・・・

FF7おすすめ実況動画は牛沢さんの「【実況】FF7

オーソドックスな実況(だが、それがいい!)

超有名実況者さんなのでいまさら語ることもありませんが、おなじみのイケボでゲームを楽しむことが出来ます。

友達や兄貴のプレイを後ろで見ていた懐かしい気持ちになれます。

FINALFANTASYⅧ

続いて、PS1、2作品目。

自分のレベルに応じて、相手も強くなるシステム

今作のキャラクター育成要素である、やや難解なジャンクションシステム

学園もの

そして何より、爆発的ヒットとなったFF7の次ということで、厳しい評価も多い不遇の作品。(私は、正直7以上にこの作品が好き、中学生の時、額に眉カッターで傷を作ったのはいい黒歴史思い出)

ムービー、ゲームシーン共に映像美は順当に進化しています。

 

兵士養成学校の一つ、バラムガーデンの生徒、スコールは最終試験に合格しSeeDとなる。

初任務はある組織のサポート、簡単な任務となるはずが・・・?

 

過去の経験から、人と深くかかわることを拒むスコールが、ヒロインのリノアと出会い変わり、成長していく姿

過去、今、未来にその存在を示す魔女

SeeDに大きな戦闘力を授ける、GF(ガーディアンフォース)の謎

本編そっちのけで楽しめるカードゲーム

面白いとおもうんですけどねぇ・・・

 

個人的に思い入れの強いこの作品、テーマといわれている様々な「愛」の形、独りぼっちで他人と深く関わろうとしなかったスコールが仲間を得て、皆の未来を守るために戦うまでに成長する姿は胸が詰まる。

 

余談ですが、僕の夢の1つは、武器工房ギルガメッシュでガンブレード(主人公の武器)を買うこと

 

おすすめ実況動画は・・・つわはすさんの「FINAL FANTASY VIII を実況プレイ

牛沢さん同様、シナリオを知るのなら安定しております。

やりこみ系なら「【ゆっくり】FF8ノーダメージプレイ」2012年から投稿開始、現在アデル撃破後で半年以上失踪中・・・

年内には帰ってきてくれるはず・・・!

FINALFANTASYⅨ

PS1最後のナンバリング作品、FFⅨ

6,7,8と未来的になっていた作品の流れに逆行して昔っぽい、正統派FFに

戦闘システムはATB、育成要素も一本道で、武器を装備してアビリティを取得、そしてまた次の武器へ…の繰り返し。

かわいらしいキャラクター達が紡ぐ物語は意外と重め。

主人公は、ジタン・トライバル。

FF7のクラウドや8のスコールとは打って変わり、ユニークで、いろんな人と関わり、助けようとする、まさに王道主人公。

しかし自身の出自が不明で、本当の意味で人に踏み込むのを無意識に恐れているきらいがあります。

彼の名言「誰かを助けるのに理由がいるかい?」、向けられた相手はまさかの・・・?

この作品、もう一人のキーマンであるビビにも注目。

命をテーマにしたこの作品で、作られた命であるビビが見つけた「生きる」とは・・・?

おすすめ実況はセピアさんの【FF9実況プレイ】クリスタル、再び†

 

最後に

今回はここまで!

次回はFINALFANTASYⅩから書いていきます。

 

 

 

 

ちなみに未プレイ作品は、FFⅥでした・・・(実況視聴のみ)

3DSあたりでリメイク出してくれるとうれしいんですけどね

Pocket

検索

検索

-アニメ・漫画・ゲーム

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.