新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ


アニメ・漫画・ゲーム

【ドラクエライバルズ】ククールデッキでレジェンド達成【対マミー】

投稿日:

Pocket

どうも、黒いひよこです。

今回はライバルズ記事です。

年が明け、ロンダルギア杯が始まりました。

流行りのマミー、1/7時点でよく見かけるテリー、レジェンド達成したククールデッキの紹介を書こうかと思います。

達成は1/6、順位は1950位でした。

今回は5コスのかげのきしが活躍してくれました。

最近はやり?マミーとテリー

ランクマッチをプレイされている方は、いまよく見かけているであろう「マミー」。

効果を改めて紹介。

召喚時に敵一体(プレイヤー含む)を行動不能にする。

という効果。

このカードが台頭したのは、主に現環境に多い対テリー、雷鳴の剣対策として採用されての事です。

 

雷鳴の剣とは

7コス、5/2、追加効果でランダムな敵(プレイヤー含む)に3点ダメージ。

武器カードなので、対応が後手に回りやすい(出された側は、基本的に必ず一回は攻撃を受けることとなる)

レアリティ2なので、作りやすく、デッキに2枚採用可能

とかなり優秀なカード。

 

ゼシカが弱体化を受け、いま手軽に作れてかつ強いデッキといえば

雷鳴の剣を採用した、アグロテリー。

数が増え、しかも強い。ということで

雷鳴の剣を装備する前にテリーを封印できる。

マミーがいろんなデッキで採用されるようになったわけです。

 

テリー(雷鳴の剣)対策として前からよく名前の挙がっていたカミュ(CV内山昂輝さん)

こちらは相手の武器を奪う、という効果。

 

しかし、武器限定ということで、マミーに比べると汎用性が低いという難点も。

 

現環境トップの、「手軽に作れて強い、アグロテリー」そのキーカードとなる「雷鳴の剣」

そのメタカードとして、しかも汎用性のある「マミー」が増えてきたってことですね。

おまけに最近はマミーを採用したアグロテリーまで見かけます・・・

 

【レジェンド達成】ミッドレンジククール!【かげのきし】

まずはレジェンド達成したククールデッキを

前回紹介したデッキと似ていますが、一部カードを抜いて、かげのきしとカミュが追加されています。

 

かげのきし

ステルスもち5/5、今、いろんなデッキで採用されているマミーの効果をかわす為に採用しました。

他にもアンルシア、オーレン等を無視できるかげのきしは、アグロの優秀なフィニッシャーになるのでは?と思っています。

 

私のミッドレンジククールでは、イーブルフライやふしぎなタンバリンによる、中盤からの不意打ちも十分狙えるので

次のターンにほぼ確実に攻撃できる「かげのきし」は活躍してくれます。

 

また、前回同様、ユニットを多く展開してくるアグロ系(テリー含む)に対してもマルティナ、ベリアル、ジャガーメイジやリトルワイバーンで対応可能かと。

 

先行、相手のデッキのまわりが悪い時は

多少の相手モンスターは無視して、積極的に相手のHPを削って行きましょう。

後攻、の際は、自分のモンスターを残しながら盤面をとりに行く

(どのデッキでも同じかもしれませんが…)

 

対テリーの時も

相手デッキのまわり方にもよりますが、ちょっとだけムチャして相手プレイヤーのHPを削りに行く感じで

ヘルスの高いモンスターが多いのを生かすため、相手のモンスター除去のタイミングは、ククールのテンションスキルに合わせて行いましょう。

 

ちなみに、こちらはより攻撃的なデッキ

終盤戦のお守り的存在のゾーマとガチャコッコ、ふゆうじゅを抜き、ふしぎなタンバリン、バズズ、ヤマタノオロチとわたぼうを追加しています。

 

バズズとタンバリンの8っ点ダメージ

ゾーマとヤマタノオロチの20点ダメージ

(ほかのユニットがいればさらに増える!)

 

使ってみるとわかりますが、ふしぎなタンバリンはかなり強力なカードです!

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

ククールデッキは、他のデッキと比べて、プレイヤーを殴るか、モンスターを除去するのか、その判断が特に難しい気がして、使っていてとても楽しいです。

 

今も、定期的にいろんなカードに注目が集まったりしていい環境だとは思うんですが、やっぱりそろそろ新パック追加が欲しくなってきました。

 

来月には来ますかね…?

Pocket

広告


広告



-アニメ・漫画・ゲーム

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.