新卒2年目(やや暗雲)の会社生活やゲームアニメメインの雑記ブログ

(新卒)ひよこブログ


会社・仕事 恋愛 生活

メラビアンの法則から学ぶ

更新日:

Pocket

ども、こんにちは黒いひよこです。

 

突然ですが、皆さんは「メラビアンの法則」を知っていますか?

現社会人の方々は就職活動のセミナー、新人研修で嫌っていうほど聞いたかと思います。

 

いわゆる

 

人の第一印象は見た目で決まる!

 

とか

 

話の内容よりも、話し方が大切!

 

 

ってやつですね

 

でもこれってどうやら本来のメラビアンの法則を曲解したものみたいです。

 

参考:コンラボ 他

 

 

メラビアンの法則とは

 

「メラビアンの法則」とは、アルバート・メラビアンという方が、『 Silent messages(邦題:非言語コミュニケーション)』の中で発表した、「コミュニケーションの際、話している内容と、声のトーンや態度に矛盾があった時、人はどんな受け止め方をするか?」ということを研究し、法則化したものです。

 

 

 

女の子と食事へ行きステーキを食べました。相手の女性が

 

・「このお肉、とってもおいしい」と発言

・ぼそっとした声量で、抑揚なく

・表情は渋顔、咀嚼ももそもそとしている

といった場合あなたはどう受け取るでしょうか

 

 

メラビアンの法則では、このような場合受け取り手は

話の内容、語句の言語情報から7%。口調、早さ、トーンの聴覚情報から38%。見た目、身振り手振りの視覚情報から55%。

 

以上の割合から受け取るというもの。

 

言葉ではおいしいと言っていても、聴覚情報と視覚情報がまずそうでは、おいしいとは伝わらないってことですね。

 

メラビアンが行った実験はあくまで

三つの情報が矛盾していた時、人はどの情報を優先させるのかを証明したもので

人が人を判断する時、言語情報は7% 聴覚情報は38%、視覚情報は55%で決めるわけではなく

セミナーやプレゼン、初対面において重視されるのはしゃべり方や話し方が重視される

ことを証明したものではないのです。(大事かどうかは置いておいて。)

 

加えて、これが当てはまるのは感情や心情であって

話の真偽、価値を判断する時や相手を信用する基準とはなりえないわけです。

 

メラビアンの法則から何を学ぶ

 

研修等ではいろいろ言われましたが、私は

「人はコミュニケーション時、相手の気持ちに迷ったら、顔や声色から判断するんだな」って解釈だけすることにしました。

 

また、正しいメラビアンの法則を理解したうえで、以下のように学びなおしました。

 

 

 

三つの情報を一致させ、相手にストレスを与えない

 

言語、声色、顔色と三つの情報は一致させようとも思いました

 

心情や態度が分かりづらいコミュニケ―ションが重なると、相手にいい印象をもってもらえるとは思えないですからね。

 

会社での何気ない上司との会話中、女性とのデートの時に、「?」を抱かれるような情報伝達はやめよう!

 

 

ビジネス上ではやはり、言語能力は大切

 

メラビアンの法則は心情や感情において働く法則です。

 

相手に自分の感情、好意を伝える時には大切なものですが、仕事上のコミュニケーションで一番大切なのは言葉による分かりやすい情報伝達だと思うわけです。

 

報告、連絡、相談といった社内はもちろん、営業など社外でコミュニケーションをとるときにも重視されるものは言語情報。

 

それを磨いてからのメラビアンの法則だと思いました(極端に声が出ない、表情が死んでるのはだめですよ!もちろん)

 

 

最後に

 

メラビアンの法則を学びなおして、改めて非言語情報の大切さを知りました。

 

相手に良い印象を持ってもらう、コミュニケーションでストレスを与えない、自分の気持ちを正しく伝える

 

ためには、やはり非言語情報の表れる部分は磨かなければいけませんね。

 

でも、コミュニケーションにおいて言語情報はたったの7%をうのみにせず、しっかりと

 

言葉による伝達

 

を磨いていきたいと思います。

 

 

 

Pocket

広告


広告



-会社・仕事, 恋愛, 生活

Copyright© (新卒)ひよこブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.